転造ダイスの特殊仕様・追加処理などの案内は左一覧より項目を選択してください


 ダイス表面処理(GM・WPC処理)


ダイスの疲労強度と対磨耗性を向上するための処理で、高硬度ワーク※1や太径のワークに効果を発揮します。GM処理はダイスのねじ面を粗く致しますので、異型ワーク(頭が大きい等)のスリップ防止にも効果を発揮します。(※GM・WPC処理には別途費用が発生致します。)

 ※1.弊社ではHRC43までの冷間転造の実績が有ります。

1. 処理方法
GM・WPC処理共、ダイスのねじ面に微細な粒状物を投射(ショット)することにより、引張応力を取除き圧縮応力を残留させると共に、ダイスねじ面の表面高度を高め、対疲労強度と対磨耗性を向上させます。

2. GM・WPC処理の相違について
基本的には、GM・WPC共に同等の処理方法及び目的を持ったショット処理です。
(粒状物及びショット方法の相違は有ります)

WPC処理の利点として以下のもがあります。
① 粒状物が微細のため、処理ダイスの表面粗さがGM処理に比べ低い。
(ステンレスでフランク面が曇るのを嫌うユーザにて実績あり)
② 転造圧がGM処理と比較し上がりずらい。
(ダイスねじ面の粗さGM処理と比較して低いため転造圧が上がりずらい)