転造ダイスの特殊仕様・追加処理などの案内は左一覧より項目を選択してください


 丸み面取り






ユーザーK社様の実用例

1、当初はR加工無しダイスを使用しており、修正品の80%以上が端面欠けとなっていた。

(中央部は使用可)

2、端面欠け防止Rのテストを重ねた結果、現在は全てのダイスに採用して頂いており

端面欠けは修正品の10%まで減少、ほぼ寿命近くまで使用されている。

3、ワークの折損強度にも強いことで喜ばれ、現在はRR-S、RR-C、RR-Iを使い分けて頂いている。

4、大幅なコストダウンとなり、大変喜ばれ20数年採用して頂いている。



注意事項

1、ワーク図面にねじ不完全山部の谷R値指定が有る場合、RR-Iは使用不可です。

2、その数値によりRR-SまたはRR-Cをお勧めいたします。


PDF資料のダウンロードはこちら(636KB)